監視カメラデメリット

防犯において力を発揮する監視カメラですが、どんなものにもメリットがあれば、デメリットもあります。監視カメラにおけるデメリットを挙げてみましょう。

防犯のためとはいえ、人の姿を映すのが監視カメラです。こうすることで、犯人を見つけられるのですが、その一方、ただその場に居合わせただけの人までも映してしまいます。中には映されたくないと思う人もいるでしょうから、困ったものです。それに、個人情報保護も叫ばれている昨今ですから、こういったことは肖像権の侵害ともなりかねないのです。事実、そういったことを懸念して監視カメラのデメリットを指摘した弁護士さんもいました。とはいえ、設置してその場を映さないわけにもいかないので、難しいという結論でした。それに、画像に残さなければ、犯人をおいつめられないのです。何とも微妙デメリットです。

次に誤認逮捕があります。監視カメラは性能が良くなったとは言え、まだ完全ではないようで下をむいていたり、フードで顔を隠していたりすれば、はっきり認識できないこともあるようです。その誤解から誤認逮捕に至ったというケースがありました。こういったことはカメラの性能がより良くなるのを願うのみですが、誤認逮捕というのもひどい話です。このようなところは大きなデメリットです。

良し悪しを見極めて幅広く監視カメラの今後を見つめていきましょう。

Writen by 運営者